https://www.rakuten-life.co.jp/learn/column/type-of-insurance/
  • 保険の種類や、どのような保険会社があるのかをお伝えします。

保険の種類や、どのような保険会社があるのかをお伝えします。

更新日:2020年04月11日

保険にはどんな種類があるの?

保険は何のために作られていて、どのような種類があるか考えてみたことはありますか?はじめに、保険の大まかな種類を書いていこうと思います。保険は多くの人が保険料を支払い、「保険事故」が発生した際にその損害を、集めた保険料の中から支払う制度です。保険事故には「交通事故」「火災」「地震」「海難事故」「死亡」などの事故が含められます。この保険事故の種類によって、生命保険会社と、損害保険会社といった形で分かれています。また、保険料を支払う義務がある人のことを、保険契約者。保険事故が起こった際に、保険金を受け取ることができる人を、保険者と言います。「保険事故」はいつ起こるかわかりませんが、統計で発生する確率をある程度予測ができます。その予測に基づき保険料は決定されています。次に私たちの生活に身近な生命保険の種類について記載をして行こうと思います。

<死亡保険>
死亡保険は、保険の対象となる人が「死亡」した時、若しくは「高度障害状態」になった時に支払いが行われる保険です。
■定期死亡保険(定期保険)
「定期死亡保険」は、保証される期間が10年、20年といった期間であったり、65歳までと言った具合であったり、期間が定められている保険です。その期間に死亡した場合に保証が発生するので、働き盛りの時期に何かがあった際などに活用できる保険です。
■終身死亡保険(終身保険)
「終身死亡保険」は定期死亡保険料違い、年数や年齢に関係なく亡くなるまでの間、保険の対象の方が亡くなられた際に、保険金が支払われます。相続税などの納税の際に、利用するといったことも考えられます。
■定期保険特約付終身死亡保険(定期付き終身)
定期死亡保険と終身死亡保険を合わせた商品が、「定期保険特約付終身死亡保険」になります。これは支出が多い年齢の時には大きな保証が付くようになっていて、それ以降は終身死亡保険で長く保証がされるという、2段階の保険になっているものです。
■収入保障保険
定期死亡保険の場合、加入した後どの期間でも同じ金額の保険金が受け取れますが、収入保障保険の場合、加入して日が浅い段階の方が多く保険金を受け取れ、満了間際に近づくと金額が低くなるといった満了までの残り日数で、保証の厚さが決まってくる保険になっています。

<医療保険・疾病保険>
保険の対象となる方が、病気や怪我をした際に保険金を受け取れるものです。掛け捨てのものや一定期間給付を請求しなかった場合、払い戻しがあるものなどがあります。最近の医療保険は、生活習慣病、三大成人病など特定の病気で医療費が上乗せされる商品が増えてきました。
■定期医療保険
「定期医療保険」は、保証される期間が10年、20年といった期間であったり、65歳までといった具合であったり、期間が定められている医療保険です。それ以降は保証がなくなります。更新ができる商品もあります。
■終身医療保険
「終身医療保険」は定期医療保険と違い、亡くなるまで保障が続くものです。定期医療保険に比べると割高になる傾向にありますが、保障が一生涯続くので安心と言えます。
■ガン保険
癌と診断された際に、保険金が支払われる商品です。日本人の2/3が癌になる時代ですので、重要な保険と考えられます。入院の日数や手術を受けた回数などによって、保険金の金額が決められています。こちらも定期のタイプと終身のタイプがあります。
■所得補償保険・就業不能保険
病気や怪我によって働けなくなった際に、治療している期間、本来の収入分が支払われる保険です。そのため、自分の平均所得よりも高く保険料を設定することはできません。先述した「収入保障保険」は死亡した際にもらえるもので、病気や怪我の一時的なものは「所得補償保険」となります。

<介護保険>
介護が必要になった際に支払われる保険です。一時的にまとまった保険が支払われるものや、細かく何年にも渡って支払われるものがあります。

<死亡保障付きの生存保険>
保険の期間中に亡くなっても、満了している時に生きていても、保険金が受け取れるものです。預金や運用などの代替手段として使われることもあります。貯蓄性が高いので保険料が高いと言った特徴もあげられます。
■学資保険・こども保険
子供が15歳や18歳の時に満期という設定をした保険で、満期時に親が生存にしていれば、祝い金や満期金といったものが貰え、亡くなっていた場合は、一時金や分割した給付が一定期間もらえる保険になります。子供の学費に充てるために利用する保険です。
■個人年金保険
老後の生活資金するために、年金形式で受け取れる保険です。年金受取期間が決まっているものを、「確定年金」。生きてる間ずっともらえるものを「終身年金」と言います。個人年金保険は、保険料の払い込みが満了した時点で年金の支払原資が決まっている「定額年金保険」のものと、年金を受け取り開始までに資産を運用して、その結果で年金受取額が変動する「変額年金保険」があります。
■養老保険
「養老保険」は、満期までに生きていれば満期金がもらえ、満期までに亡くなってしまった場合には、満期と同じ金額の死亡保険金が受け取れるものです。満期以降に資金をしっかり準備するための保険という側面と、万が一の時に死亡保険が入るといったメリットがあります。