• スクリーン保護の救世主-液体スクリーンプロテクター「Puracoat」

スクリーン保護の救世主-液体スクリーンプロテクター「Puracoat」

更新日:2020年04月06日

スクリーン保護の救世主-液体スクリーンプロテクター「Puracoat」

Puracoatはナノテクノロジーにおける驚くべき飛躍です。これは、タッチスクリーンの上を含む、モバイルデバイス全体の表面全体に塗布できる液体であり、ディスプレイの外観や機能を犠牲にすることなく、デバイスを引っかき傷や水による損傷から保護します。プラコートは肉眼では検出できず、硬度が宝石に次ぐように合成されています。また、物質的に丈夫で、特定のユニットの消毒を維持する必要がある人に適しています。

粘着性のあるプラスチック製のスクリーンプロテクターに別れを告げましょう!これにより、さもないと、ディスプレイに気泡が閉じ込められ、タッチスクリーンの反応が不正確になる可能性があります。
Puracoatを使用すると、1回の永続的なアプリケーション(研磨によってのみ取り外し可能)でデバイス全体を保護でき、これらの問題が発生することはありません。Puracoatはまた、耐水性、帯電防止、抗菌性、耐候性があり、ほこりや汚れをはじくのに役立ちます。表示画面の品質も向上します。

もともと高層ビルのガラスのためにこの技術を開発しましたが、カジュアルな消費者向けの他のアプリケーションを素早く実現しました。この技術は非常に高価でしたが、それでも品質を維持しながら、手頃な価格で使いやすいバリアントを作成するよう努めました。結果、作れたのがPuracoatです。

Puracoatは液体の形で製造され、小瓶に包装されます。 Puracoatのボトルを開けた後、その使用期限は18ヶ月です。 Puracoatは無毒性で危険なもので、その効果がすべてのタイプのデバイスやデバイスの画面で機能するように、さまざまなデバイスでテストされています。

Puracoatを作成するために使用されるナノテクノロジーは、将来ほとんどのタッチスクリーンディスプレイに見られると予想されます。 Puracoatはその成長カーブの前に位置しており、現在の市場のデバイスとさらに未来に出てくるものにこれらの利点を提供することができます。
Puracoatもデバイスのスピーカーでテストされており、細かく調整された音響係数の有効性については影響を与えないこともわかっております。

■Puracoatについて
◎一本当たりの容量は?
ボトル一本あたり5mlです。

◎1本のボトルから携帯電話を何回コーティングすることができますか?
1本のボトルに最大4台のスマートフォンまたはiPadをコーティングでき、使用状況に応じて3か月ごとに1年以上定期的なメンテナンスまたは再コーティングが可能です。

◎Puracoatの効果はどのくらい続きますか?
通常の使用のためのPuracoatは1年まで続くことができます。ただし、チップトップを確実に保護するために、3〜6か月に1回再コーティングすることをお勧めします。

◎iPhone 5S上のTouchIDに影響を与えますか?
いいえ。TouchIDセンサーのパフォーマンスやタッチスクリーンのパフォーマンスさえもブロックしません。