• 世界初の細菌殺害ロボット「CleanseBot」

世界初の細菌殺害ロボット「CleanseBot」

更新日:2020年03月28日

世界初の細菌殺害ロボット「CleanseBot」

特許出願中のこのスマートロボット「CleanseBot」はポケットサイズで、ホテルのすべての表面を消毒および消毒でき、UV-Cライトは空気中のウイルスの拡散を防ぐのに役立ちます。
実際、CleanseBotは独立したサードパーティによってテストされ、E.coliの99.99%が殺菌できたというデータが出ております。

細菌やバクテリアが最も多い地域には、ベッドカバーに加えて、電灯のスイッチやテレビのリモコンがあります。ヒューストン大学のある研究では、研究者はホテルの部屋の19の表面でバクテリアをテストし、メインルームのライトスイッチには1立方センチメートルあたり平均112.7コロニー形成単位のバクテリアがあることを発見しました。

CleanseBotは、人工知能と18個のセンサーが組み込まれたスマートロボットです。4つのUV-Cランプを使用して、あらゆる表面の細菌やバクテリアの99.99%を吹き飛ばします。
しかし、最も重要なのは、ホテルのベッドの上です。ホテルは細菌やバクテリアで有名です。仕事のため、もしくは娯楽のための旅行でもそのことを心配したくはないものです。

CleanseBotをベッドに置き、30分または60分間電源を入れて、ベッドシーツと毛布を消毒および消毒しながら1日を過ごしましょう。CleanseBotは、細菌、バクテリア、およびヒョウヒダニを殺すだけでなく、UV-C光は、実際に空中ウイルスの拡散を防ぐのに役立つことが多くの研究で証明されています。

■CleanseBotの特徴
◎CleanseBotがベッドに引っかかったり、ベッドから落ちたりすることはありません。
◎CleanseBotには、ロボットを動かし続けるための18個のスマートAIセンサーがあります。
◎CleanseBotは、広葉樹や平らな表面だけでなく、素材や布地専用のセンサーに焦点を当てた世界初のロボットです。
◎CleanseBotチームは、すべてのデータを収集して分析し、最高のAIとセンサーを作成するために、シーツと毛布用の40種類以上の素材と生地でCleanseBotをテストし、ベッドのさまざまなサイズと形状をテストしました。
◎CleanseBotホイールは特許出願中のテクノロジーであり、あらゆる表面を走ることができます。このような技術は他にありません。

■CleanseBotの使用方法
ハンドルカバーを取り外し、CleanseBotをベッドの毛布の下に置き、電源ボタンを1回押して30分間、2回押して60分間動かします。 CleanseBotは、4つのUV-Cライトを使用して、両方向を同時に洗浄します。シーツと毛布を同時に消毒および消毒します。 CleanseBotには18個のセンサーとスマートマッピングテクノロジーが搭載されているため、ベッドから落ちたり、動かなくなったりすることはありません。
毛布の上部については、CleanseBotをコンフォーターの上に置き、電源を入れて消毒を続けます。それは自動的にその上に何もないことを感知し、下向きのライトのみを使用します。特許取得済みのホイールテクノロジーにより、CleanseBotは毛布やマットレスのしこりやでこぼこを乗り越えることができます。
表面を消毒および消毒するには、ハンドルカバーをCleanseBotに置き、手に取って簡単に掃除します。底部のUV-Cライトのみを使用しているので目が保護され、混乱や化学薬品がなく、ペットや子供たちの周りで安全に使用できます!