未来予測。アルビン・トフラーから、Google(グーグル)といった未来をリードするインテリジェンスを紹介。様々な角度から見る未来の形はどのようになるのか?

更新日:2019年05月01日

未来学ってしってますか?

「未来学」というのは、将来を予測しどのように社会やテクノロジーが変化していくかを、研究している学問になります。未来研究を行っている人は、「フューチャリスト」と呼ばれ、確率論やテクノロジーなど社会学的なアプローチを行ったり、サイエンスフィクション作家であったりという様々なタイプの方がいます。有名な未来学者としては アルビン・トフラー、レイ・カーツワイなどがいます。手法を中心に、新しい学問である「未来学」を考えていければと思います。

【未来学の手法】
■システムズシンキング法
「システムシンキング法」は、様々な要素を考慮して全体的に考える思考です。自然環境であれば、水や大気、それに合わせて植物がいて、動物がいる食物連鎖のような生態系というエコシステムがあります。このような全体を見ることを、「システムシンキング法」と言います。例えば、心肺であったり、社会集団であったりひとつのグループもシステムと考えられます。複雑な社会システムを解決するために、「システム」「情報」「制御」といった概念のツールを組み合わせて施工していくことが、システムシンキングと言えます。このような、全体の連続した思考を活用して未来を予測することが、未来学の手法における「システムシンキング法」と言えます。

■デルファイ法
意見集約の手法として用いられてきたのが「デルファイ法」です。これは、ある予想したいテーマに、多数の専門家の意見をまとめて、その回答を統計的に集約します。その結果を添えて、専門家たちにもう一度、再検討してもらうということを複数回繰り返して、意見をまとめていく方法です。未来学で利用する場合は、その定性調査として活用することができます。よく大きな声を出した人の意見が通るような、ブレーンストーミングがありますが、そうではなく、「デルファイ法」を利用すると、他者の意見を再検討するため、客観的に考えの偏りなく、最終的に統一された意見にまとまると考えられます。

■バックキャスティング法
未来を予測するにあたって、目標となる状態を設定して、その目標に対して現在からどのような方法を組み立てていけば良いか、考える手法になります。既存のやり方では解決策が見つからないようなものに対して、利用する手法と言えます。現在の状態から未来を延長線上として考えるのは、「フォアキャスティング法」と言いますが、現在の延長線上で未来が来るとは限らず、また未来は不確実なため、「バックキャスティング法」という理想的な絵を先に描いてそこから、逆算していく方法が考えられます。予測とは逆のように見えますが、達成すべき目標のために、考えられる変数を埋めていく訳です。既に分かっている変数は埋め込み、分からない未知の部分の値を予測することになります。既知の変数を説明するために、未知の変数の予測をするやり方になります。

■モデリング/シミュレーション法
モデリングというのは、事象を単純化したモデルとして模倣しますします。実際に起こっている事象を「定量的」、または「定性的」に分析し、エッセンスを抽出します。
そのエッセンスに法則性、理論性を見つけ出します。そして実際に、その導き出したエッセンスが分析している事象に当てはまるかどうか、確認することをモデリングという言います。そのモデリングができたならば、それを他の事象に当てはめてみることをシミュレーションと言います。そのシミュレーションが、他の事象でも使えた場合、それを元に未来を予測していくことが、「モデリング/シミュレーション法」になります

■傾向分析法
「傾向分析法」というのは、ひとつのプロセスを測定して、それを時系列で扱い、その傾向をもって判断する統計手法です。完全に解明できていない不確実性のあるものに対して、何かしらのモデルを仮説として立て、それを測定結果の説明に利用するというものです。測定した結果が増えているであったり、減っているであったりという傾向を見つけることによって、単なる偶然の振る舞いではないという説明しようとする未来予測の方法です。

■シナリオ・プランニング法
「シナリオプランニングは、未来に起こるシナリオを複数設定し、それに対してどのような解決をしていけば良いかを考える手法です。人口動向であったり、鉱物の埋蔵量であったり既に分かっている既知の情報を、「政治」「経済」「社会」「技術」「法律」「環境」といったものの傾向を含めて検討していきます。その中で、実際に事象が起こった場合、インパクトが大きいものを並べて、そのインパクトを適切に処理する手法を複数考えるのが、「シナリオプランニング法」です。現在の延長線にはない変化が、起こったと仮定して作る複数のシナリオです。単に複数の未来を予測するのではなく、現在の延長線上にはない未来を予測する方法です。この「シナリオプランニング法」は、インパクトが大きい未来を仮定とするため、「バックキャスティング法」と相性が良い方法です。

【著名な未来学者】
■アルビン・トフラー
■ビル・ジョイ
■ダニエル・ベル
■ハーマン・カーン
■ピーター・シュワルツ
■ジョン・ブラナー
■ポール・サフォー
■グレース・ホッパー
■レイ・カーツワイル
■ロバート・A・ハインライン
■ロバート・アントン・ウィルスン
■ジョン・ネズビッツ (John Naisbitt)
■スティーヴン・ホーキング
■セオドア・カジンスキー
■浜田和幸
■糸川英夫
■エイミー・ウェブ

世界の未来をどのように予測しているの?

未来学の代表的人物といえるアルビン・トフラー。著書「第三の波」で有名ですが、彼が2010年に発表した「40 FOR THE NEXT 40」という予測があります。本件を、日本語訳したものを掲載したいと思います。未来を考える上で、一助になればと思います。

■次の40年に起こる40のこと(40 FOR THE NEXT 40)

【POLITICS】
■CHANGES IN LEADERSHIP AROUND THE GLOBE WILL CAUSE CHURN IN RELATIONSHIPS AND OBJECTIVES
地球周辺の指導力の変化は関係や目的を左右する原因となるでしょう。
・Just in the next three years, approximately 80 nations will hold presidential elections.
2011年-2013年で、およそ80カ国が大統領選挙を行うでしょう。
・The number of women in national leadership positions will increase at an unprecedented rate.
全国的な指導的立場にある女性の数はかつてないほどの割合で増加するでしょう。
・Religious groups will push to get into governments around the world.
宗教団体は世界中の政府に入ることを推し進めるでしょう。

■NATION-STATE POWER AROUND THE GLOBE WILL BE INCREASINGLY “MULTI-POLAR” IN TERMS OF WHO WIELDS IT AND WHERE
地球周辺の国家の力は、それを享受する者とそれを享受する者の間で、「多極」的に成長するでしょう。
・The economies of Brazil, China and India will become less US and EU centric.
ブラジル、中国、インドの経済成長で、米国とEUを中心としたものにはなりません。
・Foreign Direct Investments will shift toward developing economies.
海外直接投資は発展途上国にシフトするでしょう。

■THE GROWING POWER OF NON-STATE ACTORS WILL CREATE PERVASIVE CHALLENGES TO NATION-STATE POWER AND INFLUENCE
国家を支配しない行為者の成長力は、国家国家の権力と影響に対する永続的な挑戦を生み出すでしょう。
・Private sector actors, NGOs, religious groups, “hyper-empowered” individuals whose resources can exceed those of states, and a wide range of transnational networks – both licit and illicit – will create a radically different future.
民間部門の主体、NGO、宗教団体、国家を超える資源を持つことができる「極度に権限を与えられた」個人、そして違法でも違法でも幅広い多国籍ネットワークは、根本的に異なる未来を生み出すでしょう。
・The most pressing geopolitical threat will not be al Qaeda, but its franchises, the wider network-of-networks spawned and inspired by its ideology.
最も差し迫った地政学的脅威はアルカイダではないでしょうが、そのフランチャイズ、より広いネットワークがそのイデオロギーによって生み出されそして促されるでしょう
・“Hyper-empowered” individuals and groups will continue to gain access to knowledge, technology and finances previously attainable only by nation-states.
「極度の権限を与えられた」個人およびグループは、これまで国民国家によってのみ達成可能であった知識、技術および財政へのアクセスを得続けるでしょう。

■THE NUMBER AND VARIETY OF NON-STATE ACTORS WILL RISE DRAMATICALLY
非国家行為者の数と多様性は劇的に上昇するでしょう。
・NGOs will be the fastest growing non-state actors, and will be key to governmental and industry strategies and solutions.
NGOは最も急成長している非国家主体であり、政府および業界の戦略と解決策の鍵となるでしょう。
・Governments’ engagement with non-state actors will intensify, shaping issues from security to development.
政府の非国家主体との関わりが強まり、問題を安全保障から開発へと形作るでしょう。

■THE GROWTH OF SMART POWER INSTRUMENTS REFLECTS THE COMPLEXITY OF SECURITY CHALLENGES
スマートパワー機器の成長は、セキュリティの課題の複雑さを反映するでしょう。
・Military might will seldom be used in isolation again.
軍が再び単独で使用されることはめったになくなるでしょう。
・Challenges such as political instability, radicalism, economic have-nots, population migrations and mobility, plus widespread youth unemployment will make hard power insufficient by itself.
政治的不安定、急進主義、経済的不利益、人口移動、機動性、そして広範囲にわたる若者の失業などの課題は、それだけではハードパワーを不十分なものにするでしょう。

■THE MIDDLE EAST WILL CONTINUE TO POSE “WICKED” SECURITY ISSUES WITH GLOBAL IMPLICATIONS
中東では、全体的な影響を伴う「邪悪な」セキュリティ問題を提起し続けるでしょう。
・The Middle East will witness accelerating reversion to a tangle of religions, sects and ethnicities.
中東は、宗教、宗派、民族のもつれへの復帰の加速を目の当たりにするでしょう。
・The nature of the balance between Middle Eastern countries will be interrupted by new forms of instability.
中東諸国間のバランスの性質は、新たな形の不安定性によって妨げられるでしょう。

■PHILANTHRO-CAPITALISTS WILL INCREASINGLY WIELD INFLUENCE AND POWER ON A GLOBAL SCALE
慈善事業投資家は、世界規模での影響と力をますます増大させるでしょう。
・Organizations such as the Bill & Melinda Gates Foundation will eventually have more influence than national and multi-national organizations when it comes to education and disease eradication in third world nations.
ビル&メリンダゲイツ財団のような組織は、第三世界諸国の教育と疾病撲滅に関しては、最終的には国内および多国籍の組織よりも大きな影響力を持つことになるでしょう。
・The number of philanthro-capitalists will increase, due in no small part to Bill Gates’ efforts to get billionaires to give away half their fortunes in their lifetimes.
ビルゲイツが億万長者に、自分たちの人生の半分の財産を譲渡させようと努力したことにより、慈善資本家の数は増加するでしょう。

■ROGUE NATIONS WILL CONTINUE TO BE GEO-POLITICAL WILDCARDS
不正国家は引き続き、地政学的的ワイルドカードであり続けるでしょう。
・The world stage will continue to have a very small number of players who act irrationally, such as North Korea and Iran, but they will have a significant impact on regional and global political issues.
世界舞台では、北朝鮮やイランのように非合理的に行動するごく少数のプレイヤーが今後も続くことになりますが、地域や世界の政治問題に大きな影響を与えるでしょう。
・A true test for political leaders will be in how they handle relationships with these nations, and to what extent they allow them to control geo-political agendas.
政治的指導者たちにとっての真の試練は、彼らがこれらの国々との関係をどのように扱うか、そしてどの程度彼らが地政学的課題を管理することを可能にするかにあるでしょう。

【TECHNOLOGY】
■THE EMERGENCE OF OPEN NETWORKS FOR INNOVATION WILL ALLOW RAPID ACCESS TO SPECIALISTS ACROSS THE GLOBE
イノベーションのための開かれたネットワークの出現は、専門家が地球を越えて迅速なアクセスを可能にするでしょう。
・Open, collaborative innovation paradigms will enable companies to grow innovation capabilities beyond the limits of internal R&D teams.
オープンでコラボレーティブなイノベーションパラダイムにより、企業は社内の研究開発チームの限界を超えてイノベーション能力を高めることができるでしょう。
・Technologies will not be developed in-house. Successful organizations will become adept at integrating large problem-solver networks, linking “answer seekers” with “problem solvers” across the globe to rapidly harness the brainpower of international experts.
テクノロジーは社内で開発されません。成功した組織は、世界中の「回答者」と「問題解決者」を結びつけ、国際的な専門家の頭脳を迅速に活用することで、大規模な問題解決ネットワークを統合することに長けているでしょう。

■NEW PROCESSING AND STORAGE METHODS WILL FUNDAMENTALLY CHANGE HOW WE HANDLE INFORMATION
新しい処理方法と保管方法により、基本的な情報の変更方法が変わるでしょう。
・The world will enter the “Petabyte Age,” where data saturation is the norm.
世界は「ペタバイト時代」に入るでしょう。そこではデータ飽和が標準でしょう。
・Widespread quantum computing will be a realistic possibility in the next 10-15 years, which could lead to either the rebirth – or the end – of encryption as we know it.
広く知られているように、広範囲な量子コンピューティングは今後2020-2025年の間に現実的な可能性を秘め、それが暗号化の復活、または終わりのいずれかにつながる可能性があるでしょう。

■ADVANCEMENTS IN DISRUPTIVE TECHNOLOGIES WILL SIGNIFICANTLY ALTER THE DEFENSE, SECURITY AND SAFETY LANDSCAPE
破壊的技術の進歩により、防御力、セキュリティ、安全性の面で大幅に変化するでしょう。
・Advances in biotechnology will lead to bio-implants that provide enhanced human performance.
バイオテクノロジーの進歩は、人間のパフォーマンスを向上させるバイオインプラントにつながるでしょう。
・Advances in ubiquitous sensors will result in chemical, biological, radiological, nuclear and meteorological sensors in everyday person devices, such as cell phones.
ユビキタスセンサーの進歩は、携帯電話のような日常の人の機器に化学的、生物学的、放射線学的、核的そして気象学的センサーをもたらすでしょう。
・Advances in “wild card” technologies will lead to the ability to “hack” people via neural, computer or other means to attack cognitive function neutral energy.
「ワイルドカード」技術の進歩は、ニューラル、コンピュータ、または認知機能の中​​立エネルギーを攻撃するための他の手段を介して人々を「ハッキング」する能力につながるでしょう。

■MASS PRODUCTION WILL INCREASINGLY BE REPLACED WITH ON-DEMAND, CUSTOM MANUFACTURING OF COMPLEX PRODUCTS AND SERVICES
大量生産は、オンデマンド、複雑な製品およびサービスのカスタム製造に伴って、ますます置き換えられるでしょう。
・Small, agile companies will continue to bring personal attention to customers, allowing them to compete effectively with large manufacturers.
小規模で小回りのきく会社は、顧客に個人的な注意を向け続け、大企業と効果的に競争できるようになるでしょう。
・Compact fabricators and raw material supplies will replace stockpiling repair parts for maintenance.
コンパクトな製造業者および原料供給は、備蓄修理部品をメンテナンスのために取り替えるでしょう。

■RAPID TECHNOLOGICAL ADVANCES WILL HAVE SIGNIFICANT IMPACT ON HOW WE TARGET, MONITOR AND CURE DISEASES
急速な技術的進歩は、私たちがどのようにターゲットをモニターして、治療の病気に大きな影響を与えるでしょう。
・Rapid biotechnology advances will lead to the ability to remotely trigger automatic production of immune response and medicines in the body via implants or other means.
急速なバイオテクノロジーの進歩は、インプラントまたは他の手段を介して、体内の免疫反応および医薬品の自動生成を遠隔的に引き起こす能力をもたらすでしょう。
・Rapid technological advances in ubiquitous sensors will lead to the improved ability for bio-health monitoring.
ユビキタスセンサーの急速な技術的進歩は、バイオヘルスモニタリングの能力向上につながるでしょう。

■MOLECULAR NANOTECHNOLOGY MANUFACTURING WILL HAVE AN IMMENSE IMPACT ON SOCIETY, BUSINESS AND TECHNOLOGY
分子ナノテクノロジーの製造は、社会、ビジネス、技術に差し迫った影響を与えるでしょう。
・Molecular manufacturing – the ability to construct powerful, atomically precise products at an exponentially increasing pace – will create disruptions, such as an unprecedented invasion of privacy resulting from cheaper, smaller, more capable and widely available surveillance devices.
分子レベルの製造に(飛躍的な速度で力強く原子的に正確な製品を構築する能力)により、より安価で、より小さく、より有能で広く利用可能な監視装置から生じる前例のない侵害などの混乱を引き起こすでしょう。

■VALUABLE INFORMATION RISKS COLLECTING “CYBERDUST”
重要な情報が「サイバーダスト」として集められてしまうリスクがあるでしょう。
・In some corners, including the military and intelligence agencies’ collection of full motion video (FMV), data is being collected faster than it can be analyzed.
軍用機関や諜報機関によるフルモーションビデオ(FMV)の収集など、一部の分野では、データは分析可能な速度よりも早く収集されているでしょう。
・New automated tools need to be developed to replace what is now a human-driven task; if they aren’t, then valuable information will risk collecting “cyberdust,” sitting on a server without being analyzed because of an increasing backlog.
現在の人間主導のタスクに代わる新しい自動化ツールを開発する必要があります。そうでないと、貴重な情報が「サイバーダスト」を収集する危険性があります。バックログが増加しているため、分析されずにサーバー上に存在するでしょう。

■COMPANIES WILL INCREASINGLY CREATE VALUE BY BEING “CONNECTORS”
会社はますます「コネクター」であることによって値を増加させるでしょう。
・Companies will increasingly follow the Apple/iPhone model of creating value, not by creating products (in Apple’s case, apps), but by hosting the marketplace and charging to connect consumers to producers.
企業は、製品を作成すること(アップルの場合はアプリ)ではなく、市場をホスティングし、消費者を生産者につなげるための課金によって、価値を創造するという「Apple/iPhone」モデルにますます従うようになるでしょう。

【SOCIAL】
■MASSIVE GROWTH IN URBANIZATION AND GLOBAL MIGRATION WILL DRIVE THE EMERGENCE OF MEGACITIES
都市化と世界規模の移住における大規模な成長は、メガシティー(巨大都市)の出現を促進するでしょう
・In the US, Chicago, Washington, D.C./Baltimore, San Francisco and possibly Dallas and/or Philadelphia will join New York and Los Angeles as megacities, based on natural population growth.
米国では、シカゴ、ワシントンD.C.、ボルチモア、サンフランシスコ、おそらくダラスやフィラデルフィアが、人口増加に基づいてニューヨークやロサンゼルスに並ぶ大都市として加わるでしょう。

■MIGRATION, URBANIZATION AND POPULATION GROWTH WILL CHANGE RELIANCE UPON LOCAL INFRASTRUCTURE
移住、都市化、人口増加は地域のインフラに依存して変化するでしょう。
・Global population growth will increase demand for scarce natural resources and strain infrastructures (water, food, energy, etc.).
世界の人口増加は、乏しい天然資源とひずみのインフラ(水、食料、エネルギーなど)に対する需要を増加させるでしょう。

■POPULATION AND DEMOGRAPHIC CHANGES AROUND THE GLOBE WILL CREATE FINANCIAL, SOCIAL AND ECONOMIC STRESSES ON NATIONS
地球の周りの人口と人口統計学的変化は、国家の財政的、社会的、経済的ストレスを生み出すでしょう。
・Developed countries will be populated by a mix of older natives and younger immigrants.
先進国には、高齢の先住民と若い移民が混在していくでしょう。
・Urbanization and the youth population bulge will change the make-up and nature of developing nations.
都市化と若者の人口急増は、発展途上国の構造と性質を変えるでしょう。

■AGING BABY BOOMERS AND INCREASED LIFE EXPECTANCY WILL DRIVE CHANGE TO FEDERAL SPENDING PRIORITIES
ベビーブームの高齢化と寿命の見込みの向上は、連邦政府の支出優先順位の変更につながるでしょう。
・Social Security and Medicare will no longer exist as we know them today.
私たちが今日知っているように、社会保障とメディケアはもはや存在しなくなるでしょう。
・Spending on long-term care services for the elderly will increase 2.5 times, nearly quadrupling in constant dollars to $379 billion by 2050. Spending to cover these services will not just come from the government, but from NGOs and business.
高齢者向けの介護サービスへの支出は2.5倍に増え、2050年までにほぼ4倍の3790億ドルになるでしょう。これらのサービスをカバーするための支出は、政府だけでなくNGOや企業からもたらされるでしょう。

■SOCIAL NETWORKING WILL DRIVE NEW MEANS OF INFLUENCE
ソーシャルネットワーキングは、新たな影響力を生み出すでしょう。
・New relationships will break down previously protected borders and provide new intelligence sources.
新しい関係は、以前に保護されていた国境を打破し、新しい情報源を提供するでしょう。
・Government and business will reach out to previously unconnected contacts, exposing new risks.
政府と企業は、これまで関連していなかった連絡先にも手を差し伸べ、新たなリスクを明らかにするでしょう。

■CONSUMERS WILL DRIVE CHOICE
消費者は選択を促進するでしょう。
・Communication technologies and social networks will become increasingly influential, deciding factors in product and service offerings.
通信技術とソーシャルネットワークは、ますます影響力を増し、製品やサービスの提供における要因を決定するでしょう。
・Consumers or customers will be the most important source of innovation within organizations. The main driving force for “prosumption” – the unpaid output that we all produce every day – will be the technology-enhanced interaction between employees, suppliers, partners and customers.
消費者や顧客は、組織内で最も重要なイノベーションの源となるでしょう。「プロ消費」の主な原動力(私たち全員が日々生み出す無償の成果)は、従業員、サプライヤー、パートナー、そして顧客の間の技術強化された相互作用になるでしょう。

■IT WILL BE IMPOSSIBLE FOR ORGANIZATIONS TO HIDE IMPROPER ACTIONS
ITによって、組織による不適切な行動を隠すことはできなくなるでしょう。
・Rapidly growing amounts of information, and the proliferation of professional/consumer grade tools for analysis and interpretation, mean previously empowered individuals will now be able to see what organizations are doing, and promote that information to others.
急速に増加する情報量、および分析および解釈のための専門家/消費者レベルのツールの急増は、以前に権限を与えられた個人が今や組織が何をしているのかを見て、他の人にその情報を宣伝できるようになるでしょう。
・Consumer opinion of corporate responsibility practices will influence product/service selection and brand switching.
企業責任の実践に関する消費者の意見は、製品/サービスの選択とブランドの切り替えに影響を与えるでしょう。

■GLOBAL RELIGIOUS DYNAMICS WILL IMPACT THE POLITICAL, SOCIAL AND SECURITY ENVIRONMENTS OF THE FUTURE
グローバルな宗教的な動向は、将来の政治的、社会的、そしてセキュリティの環境に影響を与えるでしょう。
・Changes in global religious demography, such as the rapid growth of Christianity in the global South and increased Muslim immigration to Western nations, will shape public attitudes and government policies.
グローバル・サウス(保守主義的立場をとるアフリカ・中東・東南アジアなどの教会ネットワークの総称)のキリスト教の急速な成長、および西側諸国へのイスラム教徒の移民の増加などの、世界的な宗教的人口統計の変化は、公共の態度や政府の政策を形作るでしょう。
・Growth in religious believers will have an increased impact, with major policy and security implications around the world.
宗教信者の成長は、世界中で大きな政策と安全保障の影響を伴い、より大きな影響を与えるでしょう。

【ECONOMICS】
■CHINA WILL CONTINUE TO POSITION ITSELF AS A LONG-TERM ECONOMIC POWER-PLAYER AROUND THE GLOBE
中国は、世界における長的的な経済大国としてその地位に君臨するでしょう。
・China teams with other emerging countries (Brazil, India and China) to influence currency utilization.
中国は他の新興国(ブラジル、インド、中国)と協力して、通貨の利用に影響を与えるでしょう。
・China partners with other countries (Venezuela and Africa) to meet energy needs and to import a wide range of raw materials.
中国は他の国々(ベネズエラ、およびアフリカ)と提携して、エネルギー需要を満たし、幅広い原材料を輸入するでしょう。

■SOUTH AMERICA WILL BE RESHAPED BY PROLONGED ECONOMIC GROWTH
南アメリカは、長期的な経済成長によって再編されるでしょう。
・Sustained economic expansion will create renewed global influence.
持続的な経済拡大は、新たな世界的影響力を生み出すでしょう。
・Bad Actors, specifically Venezuela, will challenge US influence in the region.
反米政権、特にベネズエラは、この地域での米国の影響力に異議を申し立てるでしょう。

■SMART POWER WILL COUNTER THE INFLUENCE OF GROWING ECONOMIES
スマートパワー(知識やスキルなどのある種の情報力)は、成長する経済の影響に対抗するでしょう。
・Developed countries will pursue the use of smart power to promote economic development and nation-building, increasingly important strategies for national security.
先進国は、経済発展と国家構築、国家安全保障のためのますます重要な戦略を促進するためにスマートパワーの利用を追求するでしょう。
・Soft power will get “smart” as knowledge and communications amplify coordination, with countries and NGOs providing assistance.
知識とコミュニケーションが協調を深め、国やNGOが援助を提供するので、ソフトパワーは「スマート」になるでしょう。

■MOBILITY IN THE GLOBAL MARKET WILL BECOME A PRIORITY
グローバル市場での流動性が、優先事項とされるでしょう
・Safe, efficient transportation will be crucial to the global economy as it lies at the core of international trade. Future economic activity will drive unprecedented demand for global transportation services.
安全で効率的な輸送は、国際貿易の中核をなすものであるため、世界経済にとって極めて重要です。将来の経済活動は、世界的な輸送サービスに対する前例のない需要を促進するでしょう。
・The strong demand for faster, cheaper delivery of goods will bring about larger container ships in the shipping industry and spur further improvements to the Suez and Panama Canals.
より速く、より安価な商品の引渡しに対する強い需要は、海運業界においてより大きなコンテナ船をもたらし、そしてスエズ運河とパナマ運河にさらなる改善をもたらすでしょう。
・Corporations will become nimble enough to maneuver in and out of other countries very quickly.
企業は他の国々を出入りするのに非常に素早く機敏になるでしょう。

■KNOWLEDGE WILL BE A MAJOR SOURCE OF CAPITAL
知識が資本の主要な供給源になるでしょう。
・The ability to exploit information across traditional boundaries will be a great boon to developing countries as they come to recognize the importance of knowledge capital.
伝統的な境界を越えて情報を活用する能力は、開発途上国が知識資本の重要性を認識するようになるにつれて、大きな恩恵となるでしょう。
・Recognizing the importance of knowledge capital, developing countries will begin to place priority emphasis on education and knowledge transfer.
知識資本の重要性を認識しつつ、途上国は教育と知識移転を優先的に重視し始めるでしょう。
・The US will make international education a top priority, encouraging Americans to travel to other countries and see themselves as part of the global community.
アメリカは国際教育を最優先事項とし、アメリカ人が他の国へ旅行し、自分自身をグローバル・コミュニティーの一員として捉えるよう奨励するでしょう。

■HIGH COSTS OF “OBSOLEDGE” WILL IMPACT GLOBAL COMPETITIVENESS
「無用知識」の多額の費用は、グローバルな競争力に影響を及ぼすでしょう。
・Every chunk of knowledge has a limited shelf life, becoming, at some point, obsolete – “obsoledge.”
すべての知識は有効期間が限られており、ある時点で時代遅れの「無用知識」となるでしょう。
・Accelerating change speeds up the rate at which knowledge becomes obsoledge. Every passing semi-second, accuracy of our knowledge about our investments, our markets, our competition, our technology and our customers will diminish.
変化を加速することは知識が陳腐化する速度を早めます。私達の投資、私達の市場、私達の競争、私達の技術および私達の顧客についての私達の知識の半秒ごとに正確さが減るでしょう。
・Obsoledge costs will be in the form of degraded decision-making.
「無用知識」のコストは、意思決定の質が低下する形で行われるでしょう。

■WORK WILL CONTINUE TO EXPAND TO FILL WHATEVER TIME AND SPACE IS AVAILABLE
仕事は、利用できる時間と空間を埋めて拡張するようになるでしょう。
・Work will continue to be driven by knowledge. The increased knowledge content of work means that communication and the speed of knowledge transfer will be increasingly critical to the success of business.
仕事は知識によって推進され続けるでしょう。仕事の知識内容の増加は、コミュニケーションと知識伝達のスピードがビジネスの成功にとってますます重要になることを意味するでしょう。

■WHEN IT COMES TO WORK, “WHERE” WILL MATTER LESS AND LESS
ITが機能するようになると、「どこで」という問題が小さくなっていくでしょう。
・The proliferation of high speed internet connections, the growth of low-cost videoconference technology, and the ability to rapidly and easily move around the globe via interrelated networks of airlines will allow white-collar workers to complete their work anywhere in the world, freeing them from their cubicles.
高速インターネット接続の急増、低コストのビデオ会議技術の成長、そして相互に関連し合う航空会社のネットワークを介して世界中を迅速かつ容易に移動する能力により、ホワイトカラーの労働者は世界中のどこでも仕事を完了できるでしょう。
・The major challenge this will create is for local and national governments to play catch-up with regard to modernizing tax law.
大きな挑戦により、地方自治体および中央政府が税法の近代化に関して追いつくことである。

■TECHNOLOGICAL ADVANCES WILL HELP RESHAPE GLOBAL ECONOMIC POWER
技術的な進歩は、グローバル経済力を再構築するのに役立つでしょう。
・New abilities to identify resource deposits and extract them at low cost will give increased economic power to previously poor or ignored nations.
資源埋蔵量を把握し、それらを低コストで抽出する新たな能力は、これまで貧困国や無視されてきた国々に経済力を高めるでしょう。

【ENVIRONMENT】
■COMPETITION FOR ENERGY WILL INTENSIFY, SHIFTING STATE POWER
エネルギーのための競争は、国家権力の移動を激化させるでしょう。
・Energy resources will be used as leverage in broad economic warfare.
エネルギー資源は、幅広い経済戦争におけるテコとして使用されるでしょう。
・Energy competition will be multi- and cross-regional. Iran and Russia will use energy to increase power.
エネルギー競争は多地域間および地域間で行われます。イランとロシアはエネルギーを使って電力を増やすでしょう。
・Governments will use diplomatic means to blur the lines between energy and other key issues.
政府はエネルギーと、他の重要な問題との間の境界線をあいまいにするために、外交的な手段を使うでしょう。

■RAPID TECHNOLOGICAL ADVANCES WILL IMPACT THE PRODUCTION, CONSUMPTION AND STORAGE OF ENERGY
急速な技術的進歩は、エネルギーの生産、消費および貯蔵に影響を与えるでしょう。
・Advances in nanotechnology will lead to a significant proliferation in diversity of high-powered, portable energy generation and storage devices. This will spur the use of renewable electricity generation, which was previously prohibited due to storage deficiencies.
ナノテクノロジーの進歩は、高出力の携帯型エネルギー生成、および貯蔵装置の多様性の著しい急増につながるでしょう。これにより、以前は容量不足のために禁止されていた再生可能エネルギー発電の利用が促進されるでしょう。
・Alternatives to oil and natural gas will create losers in a post-petroleum world, including Saudi Arabia, Russia, Iran, Iraq, Venezuela and smaller Gulf states.
石油や天然ガスに代わるものは、サウジアラビア、ロシア、イラン、イラク、ベネズエラそしてそれより小さな湾岸諸国を含む、脱石油の世界で敗者を生み出すでしょう。

■CLIMATE CHANGE WILL SERVE AS A CONFLICT ENABLER IN FRAGILE NATIONS
気候変動は、壊れやすい国で紛争の可能性となるでしょう。
・Climate change will influence all industries and sectors of society, in part by affecting the infrastructures on which they rely.
気候変動は、社会が依存しているインフラに影響を与えることによって、社会のあらゆる産業や部門に影響を与えるでしょう。
・A rise in sea levels and the resulting loss of territorial land will cause a conflict from displaced populations around the world.
海面上昇とそれに伴う領土の喪失は、世界中の避難民から紛争を引き起こすでしょう。
・Buried Arctic mineral wealth and oil fields will be made more accessible by melted seas, fueling conflict.
氷が解けることで、埋もれていた北極の鉱物資源と油田は採掘しやすくなり、紛争を助長するでしょう。

■CHINA’S MONOPOLY CONTROL OF THE WORLD’S RARE EARTH METALS MARKET WILL HAVE A SIGNIFICANT IMPACT ON US NATIONAL SECURITY AND THE ECONOMY
世界のレアメタル市場の中国による独占管理は、米国の国家安全保障と経済に大きな影響を与えるでしょう。
・The seventeen elements that make up a group known as rare earth metals will remain critical to the performance of hundreds of products and technologies.
レアメタルとして知られているグループを構成する17の要素は、何百もの製品や技術の性能にとって依然として重要であるでしょう。
・The US will be reliant on China’s metals to produce such things as high-performance weapons components, internal guidance systems, microwave communications systems, radars, the motors and generators that power aircraft and ships, wind turbines, high-performance batteries, hybrid cars, superconductors, computer chips and digital displays.
高性能の武器部品、内部誘導システム、マイクロ波通信システム、レーダー、航空機や船舶を動かすモーターや発電機、風力タービン、高性能バッテリー、ハイブリッドカー、超伝導体、コンピュータチップ、デジタルディスプレイなどを製造するために、米国は中国の金属に頼るでしょう。

■RAPID NANOTECHNOLOGY ADVANCES WILL HAVE A SIGNIFICANT IMPACT ON CHEAP WATER DESALINIZATION/PURIFICATION TECHNOLOGY
急速なナノテクノロジーの進歩は、水道水の淡水化/浄化技術に大きな影響を与えるでしょう。
・Advances in water filtration will solve the growing need for drinkable water, significantly reducing global conflict between water-starved nation-states.
水のろ過の進歩は飲料水の需要の増大を解決し、水不足の国民、国家間の世界的な対立を著しく減少させるでしょう。
・Better water filtration will eliminate many forms of disease from developing countries, spurring their development.
水のろ過の改良は、発展途上国から病気の多くの形態を排除し、それらの発展を促進するでしょう。

■AS ENVIRONMENTAL AWARENESS GROWS, SO DOES INDIVIDUAL AND COLLECTIVE ACTION
環境意識が育つにつれて、個人および集合が行動を起こすようになるでしょう。
・Individuals will increasingly start and maintain small gardens to reduce their dependence on large food manufacturers and distributors.
大規模な食品製造業者や流通業者への依存を減らすために、個人はますます小さな菜園を開始・保守(自給自足)するでしょう。
・Community Supported Agriculture (CSA) will continue to grow in prominence and acceptance in urban areas for both individual consumers and restaurants.
コミュニティが支援する農業(CSA)は、個々の消費者とレストランの両方のために都市部で目立ちそして受け入れられて成長し続けるでしょう。

■GLOBAL COMPANIES WILL HAVE EMBRACED THE “FOURTH BOTTOM LINE”
グローバル企業は「4番目の結論」を採用するでしょう。
・Beyond simply reducing harmful outputs, organizations will improve and strengthen the resiliency of the environment, helping ensure that it can withstand and thrive in the face of the threats – both natural and man-made – that accelerating change creates.
組織は単に有害な排出を減らすことを超えて、環境の回復力を改善強化し、変化が加速することによる自然と人の両方の脅威に確実に耐え、立ち向かうことで繁栄することを確実にするでしょう。

出典:https://www.tofflerassociates.com/